自然の植物の薬効を利用して健康の維持や自然治癒力を高めるメディカルハーブ。
メディカルハーブには様々な種類があり、それによって効能も異なります。
今回はメディカルハーブの効能や週類についてご紹介します。

身体に優しい
メディカルハーブの様々な成分の中には、ビタミンやミネラル以外にも抗菌作用なども含まれています。
そのたくさんのハーブの成分が組合わさることによって身体に優しく作用してくれて、副作用がほとんどありませので安心して子供からお年寄りまで使うことができるのです。

疲労回復、デトックスやリラックス効果
メディカルハーブの中には、身体の疲労回復やデトックス効果、リラックス効果が高いものもあります。
これはメディカルハーブに含まれる薬効作用によるもので、元々は植物が害虫や紫外線といった有害な物質から身を守るために作り出したものです。
それらの成分を取り入れることで人間の身体にもプラスの効果をもたらしてくれます。

自然治癒力を高めて病気やアレルギーを防ぐ
メディカルハーブは病気になりにくい体質づくりを目指したり、病気になってもすぐに回復できるような身体を作ることを目的としています。メディカルハーブを用いた自然療法でも、もともと人間が持っているエネルギーを向上させて、健康維持を図っていけるのです。

代表的なメディカルハーブの種類と効能と合わせてご紹介します。
ハイビスカス 美容効果や免疫力を高める効果があります。
ネトル アレルギーが発症しやすい季節に積極的に取り入れることによってアレルギー体質そのものを変えるという浄血作用もあるのです。
マテ 疲労回復や消化促進の効果を得ることができます。
ローズヒップ ビタミンCが豊富に含まれてます。免疫力が低下しているときや疲労やストレスが溜まっているときなどにとても有効な成分でもあります。

他にもまだまだたくさんの種類があります。メディカルハーブは1つだけでなく、複数のメディカルハーブを組み合わせて使うのがおすすめです。複数のハーブをブレンドすることによって得られる効果も高くなります。
たくさんの有効成分が含まれているからこそ、相乗効果も期待出来ます。

求める効果や、好きな香りを楽しみながら自分でより良い組み合わせを見つけるのも、メディカルハーブの魅力といえるでしょう。もし興味を持った方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。