眠れないって本当に辛いですよね。
今はリモートワークが多くなり起床時間や家での時間が長くなり、
ついつい昼寝を長くしてしまったり、ストレスなどで中々寝付けなかった、不眠症の方も居るのではないでしょうか?

ストレスがかかると、交感神経が優位な状態が続き、副交感神経を優位にすべき時でもスイッチの切り替えが上手くいかなくなってきます。その状態が長く続くことで、自律神経のコントロールができなくなり、身体にさまざまな不調が起こります。
不眠は、こういった自律神経の不調からくる機能低下の症状の1つであると言えるのです。

今回このような症状でお困りの方にアロマテラピーを使った安眠方法を紹介致します。
なぜアロマテラピーが、安眠や快眠に役立つと言われているのでしょうか?
それは好きな香りを嗅ぐことが、副交感神経のスイッチを入れる直接的なきっかけになり、大脳にリラックスや幸福感を感じさせてくれるからです。好きな香りや良い香りからも、直感で鼻から脳へと情報を感じ取っています。
好きな香りや良い香りを嗅いで、幸せな気持ちになったりリラックスしたりすることで副交感神経が優位になり安眠や快眠に繋がります♪

安眠・快眠に効果的な使い方とは

安眠におすすめのアロマは、ラベンダー、スイートオレンジ、ベルガモット、クラリセージ、プチグレンです。

ラベンダーには、酢酸リナリルという成分が多く含まれています。
この成分は、交感神経を落ち着かせて、気持ちを穏やかにする働きがあると言われています。
クラリセージやプチグレンにも同じ成分が含まれているので好みで香りで選んでみるのも良いでしょう。

スイートオレンジやベルガモットの柑橘系の香りは嗅ぐと気持ちが落ち着き高いリラックス効果があります。
夕方以降や寝る少し前の時間帯に嗅ぐのがお勧めです。気持ちを前向きにするのに役立ちます。

おすすめな使い方

好きな香りを選んで、寝る前にティッシュなどにアロマオイルを3、4滴垂らして、香りを嗅いで寝るのが良いでしょう。
アロマを付けたティッシュを少し離れたところに置いておくのも良いです♪

特にオススメなのが入浴です。
お湯に入る直前に、ラベンダーのアロマオイルを4、5滴垂らして入浴します。
ぬるめのお湯にゆっくりと入浴して、香りを嗅ぎながら入浴をリラックスして楽しんでください。
バスソルトを入れて汗を出しながら入浴するのもオススメです♪
また入浴後は、身体が冷めないうちに早めに寝るのが良いでしょう。

是非不眠症で中々眠れない日々を送ってる方や、ストレスを感じてる方は試してみてください。