アロマテラピーに不可欠な精油

種類が豊富なので、人によって好みが分かれるところです。

精油とは、エッセンシャルオイルとも呼ばれています。

植物の花、葉、樹皮、果皮などから抽出した揮発性オイルをさします。

水蒸気蒸留法、熱水蒸留法などの方法で植物から留出します。また、その種類は300以上もあるとされています。

それぞれの香りをミックスして楽しむこともできるので、自分だけのオリジナルな香りを作って楽しむことも出来ます♪

精油の特徴は、原則的に純度100%であることとされてます。そのため高品質でとても心地よい香りになります。

また1個の花から少量しか抽出できない精油は価格も高くなります。

ラベンダーや薔薇は少量しか抽出できないのでとても希少なものとなります。

アロマオイルという呼び方もありますが、純度100%ではないものを指している場合がココが大きく異なるポイントです。

アロマテラピーに使うオイルは、純度100%が好ましいです。

体感出来る効果も異なってくるので高品質な物を選ぶことをお勧めしてます。

目的や症状などによって、アロマを効果的に取り入れて日々の生活のいろいろなシーンでアロマを使ってみましょう♪